横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

2017 5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

> サイトマップ

スタッフブログ

2017年5月31日(水)

基礎代謝

皆さんこんにちは(^^♪
☆大倉山駅からエルム通りを歩いて5分、大倉山整骨院です☆

食事制限だけのダイエットで、基礎代謝が落ちちゃったみたい…
今からでも基礎代謝量を上げることって可能?
食事を制限するだけのダイエットで体重はある程度落ちたものの、筋肉もいっしょに落ちちゃったのか、どうも最近やせにくい。
それどころか、ちょっと食べただけで体重が増えるようになっちゃった…
ダイエッターならこんな経験をした方も多いと思います。
食事制限のみのダイエットをすると、脂肪も減りますが、いっしょに筋肉も落ちて、基礎代謝量(=何もしないでも消費されるカロリー)がどんどん下がっていきます。
人間が1日で消費するカロリーの中で、約60%をしめるとされている基礎代謝量ですから、こうなるとやせにくいだけじゃなく、ちょっと食べただけですぐ太っちゃう、いわゆる「やせにくく、太りやすい」体質になって、リバウンドが起こりやすくなります。
下がってしまった基礎代謝量は、上げることができます。もちろん、基礎代謝量はすぐには上がりません。
時間をかけて下がっていった基礎代謝量は、それなりに時間をかけないと上がりません。逆に、地道に努力すれば必ず上がります。そのための具体的な方法を紹介します。
基礎代謝量を上げる方法~筋肉
筋肉が増えると、何もしないでも消費されるカロリー、つまり基礎代謝量が上がります。では、筋肉をつけるにはどうしたらいいでしょうか。
■運動する
まずは運動。運動を「毎日続ける」ことが大事です。運動によって得られる効果は、1日おきだと90%、2日おきだと70%、週に1度だと20%にまで下がってしまうといわれています。
毎日続けることが基礎代謝量を上げる近道です。
基礎代謝を上げる方法~筋肉
毎日続けることを考えた時に、おすすめなのはウォーキングです。いきなり1日に1時間もジョギングしようとしてもなかなか続けられませんが、ウォーキングなら通勤、通学、買い物の時間などを利用して実行できます。
ウォーキングは有酸素運動なので、主に脂肪を燃やす効果がありますが、少し大股で歩く、姿勢を正しくして歩くなど、歩き方に気をつければ少しずつ筋肉をつけて、基礎代謝量を上げることもできます。
■筋トレをする
手っ取り早く筋肉を増やして、基礎代謝量を上げるには、筋トレが効果的です。
ただ、これも毎日継続するために、いきなり激しいメニューを組まないことが大切です。
まずは腹筋10回とか、ダンベル体操10回とか、無理をしすぎない範囲で始めて、慣れてきたら徐々に回数を増やすようにしましょう。
■高たんぱくの食品をとる
ウォーキングや筋トレなどの運動をしたあとに、高たんぱくの食品をとって、筋肉を増やすための手助けをしてあげるのもいいでしょう。
高たんぱくな食品といえば肉です。
もちろん適度に肉を食べるのは大切ですが、取りすぎると脂肪分やカロリーを取りすぎることになっちゃうので、そんな時は豆腐、納豆などの大豆系の食品をとるといいです。
「畑の肉」といわれるだけあって、大豆にはたんぱく質が豊富に含まれています。
■姿勢を正す
筋肉をつける、普段あまり使っていない筋肉を呼び起こすには、姿勢を正すことがとっても効果的です。姿勢なんてあまり気にしたことないかもしれませんが、立ってる時、歩いてる時、座ってる時の姿勢を一度確認してみてください。
猫背になっていたり、下腹部を突き出してたりしませんか?
・背筋を伸ばす
背中を反らすんじゃなくて、頭のてっぺんを天井からヒモでつるされてるようなイメージで首を伸ばして、下腹部とお尻をキュッとしめて立ちます。
・ヒザを伸ばして歩く
自分の少し先の地面を足でつかむようなイメージで、地面に足が着く時にヒザがちゃんと伸びるように歩きます。
・まっすぐ歩く
自分の前にまっすぐな直線をイメージして、その上に左右の足が交互に来るように歩きます。足がややクロスするように歩くといいです。
・背もたれによりかからずに座る
座ってる時は背もたれを使わずに、自分の腹筋と背筋で上半身をしっかり支えてまっすぐにします。
イスに座る時、お尻のうしろの方に、丸めたタオルを敷いて座ると、姿勢矯正の効果があります。丸めたタオルの上に座ると前かがみになってしまいますが、そうならないように自然に背筋伸びます。
これらのことを意識して生活するだけで、普段使われていなかった筋肉が使われるようになるので、基礎代謝量のアップにつながります。だまされたと思って続けてみてください。
■ストレッチする
筋肉を呼び起こすには、ストレッチも大切です。ストレッチをすると、筋肉がやわらかくなり、筋肉の血行が良くなります。
それによって筋肉が活性化して、眠っている筋肉を呼び起こすことができます。
毎日運動を取り入れてるなら、疲れを取る意味でもストレッチは大切です。お風呂上りにでも身体の各部を伸ばすように、ゆっくりストレッチしましょう。

2017年5月30日(火)

水分補給を忘れずに

皆さんこんにちは(^^♪☆大倉山駅からエルム通りを歩いて5分

大倉山整骨院です☆

今日は朝から良いお天気ですね! 30度を越えるという予報も出ています。

30度越えには、まだまだ身体が慣れていません。

のどが渇いたという意識がなくても水分は摂るようにしましょう。

部屋は風通しを良くし、外出の際には日傘やサングラスをして、なるべく直射日光にあたらないようにしてください。湿度はあまり高くないので、日陰に入れば体感温度がかなり違うはずです。

今日も一日、頑張っていきましょう!

2017年5月29日(月)

ストレッチボード

皆さんこんにちは(^^♪☆大倉山駅からエルム通りを歩いて5分

大倉山整骨院です☆

 

朝から気持ちの良いお天気ですね!

こんな日はお散歩に出たいです。

でも急にたくさん歩くとふくらはぎや踵が疲れる。という経験はありませんか?

そこでオススメはストレッチボードです

ストレッチングボードは、ふくらはぎ周辺の筋肉やアキレス腱、足首の柔軟性を高めるグッズです。

毎日数回、1回につき1分30秒くらいを目安にしてみてください。

出来るだけ膝を伸ばしましょう。ちょっとふくらはぎが痛いですが、毎日続けるとだんだん慣れてきますよ。

第二の心臓といわれるふくらはぎの血流を促し、疲れにくい身体になります。

大倉山整骨院では診療の最後に、必ずストレッチボードにのっていただいています。

ネット通販でも手軽に購入できるストレッチボード、ぜひお試し下さいね。

 

 

 

 

 

 

2017年5月26日(金)

ジメジメ対策

もうすぐあのジメジメの時期ですね。。。

家具の配置に注意
家具を壁にくっつけるとカビが生えやすくなるので
5cm以上離して通気性を確保しましょう。

炭には除湿・消臭効果があるので、カゴに入れて
飾るのも良いです!
また、水槽や観葉植物は湿度を上げてしまうので、
梅雨時はなるべく室外に出したほうがよいでしょう。

押入れは風を通す工夫を
押入れはスノコなどを置いて風の通り道を確保するとよいでしょう。
晴れた日はふすまを開けて換気を!
扇風機で風送るのも効果的です。

新聞紙を棒のように丸め、隙間に入れておくと、
湿気を吸収してくれます。湿ってきたら取り替えましょう。

室内干しに新聞紙
室内に干した衣類の下にくしゃっとさせた新聞紙を置くと
湿気を吸収して乾燥スピードがアップ!

入浴後のお手入れ
石けんカスや皮脂汚れはカビの栄養源になるので
入浴後に熱めのシャワーを壁や床にかけて、洗い流しましょう。
その後、冷たいシャワーをかけて温度を下げます。

カビが好む温度は20~30度。なるべく低温にすることが、
カビの防止につながります。
最後にタオルで浴室全体の水分をふきとっておくとGood!

骨折・脱臼・打撲・捻挫・交通事故のケガ・スポーツのケガは大倉山整骨院にお任せください!!

 

2017年5月25日(木)

口呼吸していませんか?

皆さんこんにちは(^^♪☆大倉山駅からエルム通りを歩いて5分

大倉山整骨院です☆

 

気が付かないうちに口呼吸をしていませんか?

口呼吸は身体に悪いといいますが、何が悪いのでしょうか。

☆虫歯や口臭の原因になります

口呼吸をすることで口内が乾燥し、唾液の分泌が抑えられてしまうことが原因なのです。いわゆる、“ドライマウス”の状態です。

大切な唾液の分泌が妨げられると、虫歯菌が繁殖を促すので虫歯になりやすく、また口臭の原因ともなります。

☆いびきや睡眠障害の原因にもなります

口呼吸をすると、口を開けることにより上気道の喉の部分がせまくなります。すると体が危険を感じ取り、いびきを引き起こします
また、いびきをかく状態は慢性的に酸素不足の状態に陥りやすくなるので、睡眠障害を起こしやすくなります。
いびきをかくことは、睡眠時無呼吸症候群の特徴のひとつでもあり、さらには睡眠障害につながります。

☆風邪などのウイルスや細菌が直接体内に侵入しやすくなります

風邪のウイルスが口呼吸によって体内に運ばれているため、風邪をひきやすくなります。鼻呼吸よりも口呼吸の方が、一度に吸ったり吐いたりする量が増えるほか、そのままのどの奥にまで入り込みます。
口を開けて息をすることは、空気中に浮遊しているあらゆるウイルスや細菌までをも取り込んでしまっているのです。

口呼吸の改善方法

☆口周りの筋力不足が原因で、口呼吸になっているのなら、筋力エクササイズが効果的です。

☆市販品で口呼吸を改善するグッズも売られています。

☆歯並びの悪さや慢性的な鼻づまりの場合は、先にその根本的な治療をはじめてください。