横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

2018 3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

> サイトマップ

スタッフブログ

2018年3月9日(金)

第2の心臓

皆さんこんにちは(^^♪
☆大倉山駅からエルム通りを歩いて5分、大倉山整骨院です☆

 

「足は第二の心臓」という言葉があります。歩くことによって足の筋肉が下半身に滞りがちな血液の循環を活発にします。血液の循環が良くなれば脳にも新鮮な酸素がたくさん送り込まれて活性化するわけです。これが第二の心臓といわれるゆえんの様です。

筋肉には大きく分けて相性筋(そうじょうきん)と緊張筋の二つがあります。相性筋は脳からの指令を受けて動作を起こす筋肉です。

一方の緊張筋は、例えば立つという動作を「支える」「バランスを保つ」などの働きをしている筋肉で、筋肉の働きの信号を常に脳に送り出していて、この緊張筋を多く動かすことが脳をより活性化させることにつながるそうです。

人間は歩くときに前に足を出す動作では相性筋を使いって、その前に出した足を支える動作では緊張筋を使っています。つまり一歩一歩、歩くことは毎回緊張筋を使うことになり、これが脳を大いに刺激してくれるのだそうです。

その昔、ギリシャの哲学者たちは歩きながら学問を学んだそうです。

大倉山整骨院は、本日も午後8時まで開いております。

体に痛みがある時は、ご相談下さい!!

“https://job-medley.com/”>日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー