横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

2018 4月
« 3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

> サイトマップ

スタッフブログ

2018年4月11日(水)

肉離れ

皆さんこんにちは(^^♪
☆大倉山駅から歩いて5分、大倉山整骨院です☆
スポーツなどで筋肉に急に強い収縮力がはたらいた時、自分の筋力に耐えきれなくなって筋組織が断裂することがあります。
この病態を筋断裂といいますが、通称、肉離れと呼ばれています。
大腿屈筋、大腿直筋、大腿内転筋など、大腿部の筋と腓腹筋によく発生します。
大腿部の肉離れは、20代前後の若年層に多く発生するのに対し、ふくらはぎの肉離れは、各年齢層にまんべんなく発生します。
筋断裂の程度は、さまざまです。
筋断裂の部位に内出血を伴います。
見落としやすい外傷と合併症
腱付着部の剥離骨折を生じることがあります。
症状の現れ方
典型的には、短距離走など瞬発的なランニングの時に、急に強い疼痛が生じ、走れなくなります。
損傷部にはれが生じ、疼痛のため隣接関節の運動が障害されます。
損傷の程度によって、歩行が可能な場合と困難な場合があります。
検査と診断
受傷の原因と臨床症状で診断が可能です。
筋断裂の中心部に圧痛が強く、重症の時は筋断裂部のへこみを指で触れることもあります。
治療の方法
保存療法が一般的です。
急性期には1~2日局所を冷却し、弾性包帯による圧迫・固定を行います。
その後は徐々に関節自動運動を開始し、圧迫包帯を除去していきます。
そして、しばらくの期間ストレッチングを行ったのち、軽いランニングから運動を開始します。
局所を冷やしたり、弾性包帯で固定したりすることで疼痛が緩和されます。
予防
運動を始める前に、ストレッチングを十分行うことが重要です。

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー