横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

2018 5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

> サイトマップ

スタッフブログ

2018年5月15日(火)

お昼寝効果

皆さんこんにちは(^^♪
☆大倉山駅からエルム通りを歩いて5分、大倉山整骨院です☆

昼寝は健康によいと言われています。

今回は、30分以内に昼寝から目覚めるコツを紹介します。

30分以上の昼寝は作業効率も下げる
文部科学省の「快適な睡眠の確保に関する総合研究班」が行なった研究では、「昼寝は日中の眠気や疲労を軽減し、作業成績を改善維持し、夕方の活動水準を上昇させ、夜間の睡眠効果を高める」と結論づけています。
しかし、同時にこの研究では、「睡眠慣性が働けば、昼寝は逆効果となる」とも指摘していました。睡眠慣性とは、眠気が持続して作業効率が落ちる現象のことで、30分以上寝ると深い睡眠に入り、寝起き以降の効率が悪くなります。

 
短時間睡眠前にはコーヒーを飲もう
このように、30分以上の昼寝はデメリットがたくさんあります。
では、20~30分以内の短時間睡眠ですっきり起きるにはどうすればいいのでしょうか?
その答えは「コーヒー」にあります。
コーヒーを飲んでから昼寝に入ります。
カフェインの覚醒作用は飲んでから30分くらいたって現われます。
30分以上の昼寝は、老化、認知症、作業効率ダウンとデメリットだらけです。
昼寝の前にコーヒーを飲んで30分以内で起きれるように調整することがおすすめです。

本日も20時まで受付けしております!

 

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー