横浜市港北区大倉山の整骨院

     
診療時間        
月曜〜土曜・祝
9:00~19:00
(昼休みなし)
日曜日
休み
2020 8月
« 7月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

弁護士法人エース

> サイトマップ

大倉山整骨院 > コラム > 腰痛の治療は整骨院がおススメです(^O^)
2020年6月11日(木)

腰痛の治療は整骨院がおススメです(^O^)

腰痛の治療は整骨院がおススメです(^O^)

日本国内においては「国民病」とまで呼ばれる腰痛、
ほんとうにたくさんの方が腰痛で悩んでいます。
腰痛といっても様々ですが医師の診断でよくあるものとして、

椎間板ヘルニア、
腰椎分離症・分離すべり症
筋々膜性腰痛(ぎっくり腰)、
腰部脊柱管狭窄症
坐骨神経痛
骨粗しょう症
神経、内臓、血管、心因性の病気などが原因で起こるもの

腰痛が起こる原因はさまざまで、複数の要因が絡んでいる場合もあります。
多くは原因不明ですが、15%程度は原因を特定できる「特異的腰痛」です。
原因となる代表的な病気としては椎間板ヘルニア、高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症、骨粗しょう症が挙げられます。
これらはいずれも背骨の神経(脊髄神経根)が圧迫されて痛みが起こり、圧迫がひどいときには、脚の筋力低下やしびれを伴います。

ここではそれぞれ診断名の原因や症状について説明していきます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニア
背骨と背骨の間にはクッションの役割をする「椎間板」という構造があります。
椎間板は、外側が硬い「線維輪」、内部は軟らかいゼリー状の「髄核」でできています。
加齢などにより外側の線維輪が変性・断裂して髄核の一部が飛び出してしまい、脊髄神経根を圧迫することで痛みが起こります。
腰やお尻から下肢にしびれや痛みが広がり、力が入りにくくなります(座骨神経痛)。痛みは、長い距離を歩いたり、重いものを持つと強くなることがあります。
椎間板ヘルニアは、悪い姿勢での動作や作業、喫煙などにより起こりやすくなることが知られています。

腰椎分離症・分離すべり症の症状

腰椎分離症・分離すべり症の症状

腰椎分離症・分離すべり症
腰椎分離症は成長期の中学生頃にスポーツなどで腰部に負担がかかり発症します。腰部へ反復する付加が重なり疲労骨折を起こしている状態です。
整形外科ではコルセットで腰部を固定し、安定するのを待ちます。

腰椎分離症は大半は10歳代で起こりますが、それが原因となり大人になってから、徐々に腰椎分離すべり症に進行していくケースがあります。
腰椎分離すべり症は腰椎が前に滑り落ちてきてしまいます。そして大人になってからでは腰椎分離症のようにコルセットで固定し安定することはないため、
慢性腰痛の原因になります。

筋々膜性腰痛(ぎっくり腰)の症状

筋々膜性腰痛(ぎっくり腰)の症状

筋々膜性腰痛(ぎっくり腰)
急激に重いものを持ったり、無理な姿勢によって繰り返し筋肉に負荷をかけたりすると、筋膜性疼痛症候群(筋筋膜性腰痛)という病気になることがあります。
筋膜とは、筋肉などさまざまな臓器を包んでいる膜のことですが、運動によってこれが傷ついてしまうことがあります。
通常は数日で回復しますが、負荷がかかる状況が続いたり寒さで血行が悪くなったりすると回復が追いつかず、強い痛みやしびれを生じるまで悪化してしまう可能性があるのです。肩や脚など全身で起こる可能性がありますが、腰で発症し腰痛の原因となりうる病気です。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症
椎骨や椎間板が加齢によって変性したり、異常な骨の突起(骨棘)が形成されたりして、神経が通っている脊柱管が狭くなり、脊髄神経根を圧迫する病気です。
少し歩くと痛み、前かがみになって休むとまた歩ける(間欠跛行)症状が特徴です。お尻や足にしびれや痛みを感じることもあります。

骨粗しょう症の症状

骨粗しょう症の症状

骨粗しょう症
主に加齢により骨密度が減って骨折しやすくなる病気です。椎骨は特に影響を受けやすく、圧迫骨折が起こると脊髄神経根が圧迫されて、背中に慢性の痛みが生じます。

腰痛には早期発見が必要な重い病気が隠れていることも

腰痛には早期発見が必要な重い病気が隠れていることも

腰痛には早期発見が必要な重い病気が隠れていることもあり
ここまでに紹介した病気のほかにも、神経、内臓、血管、心因性の病気などが原因で起こることがあります。
特に内臓の病気や脊椎の腫瘍・感染・炎症・外傷などが原因になっている場合は、早めに専門医を見つけて治療する必要があります。

腰の周辺が痛む症状があるその他の病気
腰に由来
腫瘍(脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、馬尾腫瘍など)
脊椎感染症(化膿性脊椎炎、脊椎カリエスなど)
外傷(腰椎骨折、脱臼など)
腰以外に由来
変形性股関節症など整形外科の病気
尿路結石など泌尿器の病気
子宮内膜症など婦人科の病気
胆嚢、十二指腸、膵臓など消化器の病気
解離性大動脈瘤など血管の病気
統合失調など心因性の病気
など

腰痛の原因って何だろう?

腰痛の原因って何だろう?

では腰痛の根本的な原因は何なのでしょうか?
もちろん原因は一つには絞り切れません。
ストレスでも容易に腰痛が出ます。
「腰痛は怒りから」なんていう本も出版されています。

その原因とは私たちは日常生活においていかなる時も
重力(万有引力)をうけています。
重力により人間の体は常に地球の中心に引かれています。
そしてその重力に対してバランスの取れた姿勢で、
できるだけ効率よく少ない力で生活できることが理想的なのです。

しかし私たちの日常生活は必ず偏りが出ます。
デスクワーク、肉体労働、スポーツ、家事、育児・・・
重力に対して身体を偏った使い方をすればするほど
姿勢が悪くなり腰に負担が大きくかかってきます。

つまりあなたの腰痛の原因の一つに
身体バランスの乱れがあることは間違い事だと思います。
我々は患者さんの画像診断や血液検査、投薬はできません。
しかし「筋肉・骨格を触る」ことができます。

これが最大の武器となります。

一度大倉山整骨院で相談してみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人
舩山 駿太
リーダー 舩山 駿太
柔道整復師として大倉山エリアの地域医療に少しでも貢献していきます。