横浜市港北区大倉山の整骨院

     
診療時間        
月曜〜土曜・祝
9:00~19:00
(昼休みなし)
日曜日
休み
2020 8月
« 7月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

弁護士法人エース

> サイトマップ

大倉山整骨院 > コラム > 筋挫傷とは肉離れの事なんです
2020年6月27日(土)

筋挫傷とは肉離れの事なんです

「肉離れ」聞いたことがありますか?
スポーツを頑張っている人ならば実際に受傷したことがあるかもしれませんね。
肉離れと筋挫傷は同じです。分かりやすく説明したいと思います。

肉離れとは

肉離れとは
肉離れとは、スポーツなどで外力により筋肉が断裂をしてしまう怪我です。

一般的にふくらはぎや太ももなどの大きな筋肉が傷つき、切れたりすることにより、患部が腫れ、激しい痛みと共に熱を持ったりする炎症症状や内出血が起こります。

断裂と言っても完全に切れてしまう事もあれば、部分的に切れてしまう事もあり、起こりやすいものとしては後者が多いです。

特にスポーツをする子供の場合は、早く治療をし、回復させてあげることが大切です。

痛みを我慢しつづけそのままにしておくと、その痛みのまま筋肉が硬くなってしまい硬結という状態になり、身体のバランスが崩れて他の怪我に繋がる事もあります。

身長が伸びている時期などは、筋肉と骨の付着部に引っ張る力が働き、剥離骨折などの骨折になる危険性があります。

骨の付着部は柔らかくなっているので、筋肉の強い力で引っ張られ骨ごと引き離されてしまいます。そういうことを防ぐ為にも、早急な処置と適切な治療が必要になってきます。

なぜ肉離れがおこるのか?

なぜ肉離れがおこるのか?

なぜ肉離れが起こるかといいますと、1番は運動中のジャンプやダッシュ動作などのタイミングで、瞬間的に筋肉が収縮され、強く引き伸ばされるような力が加わったときに起こりやすいと言われています。

発症すると患部に激痛が走り、それ以上運動を続けられなくなることもあります。肉離れを起こした患者さんの中には、受傷時に筋肉が断裂した瞬間に「プチッ」という音が聞こえることもあるそうです。

また、スポーツをしている時に限らず、筋肉が極度に疲れていたり、弱っていたりすると、日常のちょっとした動作や軽く動いた際にも痛みが出てしまう場合もあります。
そういった怪我というのはその背景に、ウォーミングアップ不足や、柔軟性の低下、筋肉疲労の蓄積、中には加齢といった事が原因で起こります。

日頃からストレッチをするなどして予防を心がけることが大切になってきます。

肉離れが起こりやすい部位は競技、発生状況によって異なりますが、主には大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)、ハムストリングス(太もも裏の筋肉)や腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)など、下半身の筋肉に起こることが多いので、陸上競技やバスケ、サッカーなどの球技、ふくらはぎではテニスなどをした際に多くみられます。

肉離れの応急処置

肉離れの応急処置

実際に肉離れになった時の応急処置としては「RICE処置」と呼ばれている治療を行います。

聞いたことがある人もいるかと思いますが、「RICE処置」とは 1、安静(Rest) 2、冷却(Icing) 3、圧迫(Compression) 4、患部を高く上げる(Elevation) の4つの事を意味しています。

よく患者さんから、「冷やしたらいいのか、温めたらいいのかが分かりません。」といった質問をいただきます。
基本、肉離れの様な炎症症状(熱感がある)を伴う外傷の怪我の場合は冷やしてください。 患部を触りたい気持ちはわかりますが、まずは冷やして(アイシング)、熱を取り除くことが初期処置としては大切です。

そこでポイントとしては、アイスノン等の保冷剤で患部を冷やすのではなく、氷嚢や、無い場合はビニール袋に氷と水を入れたものでアイシングを行ってください。
理由としては、保冷剤では患部に直接当ってしまう為、凍傷を起してしまったり、患部を満遍なく冷やせないといった理由がある為です。

1回のアイシング時間の目安ですが約15~20分のアイシングをして、15~20分休むというのを1セットとし、1日3~4セット行ってください。
アイシングで十分に冷やした後は、安静にしたまま患部を動かさないでおくことが早期回復の近道です。

先ほど言ったように初期は冷やすことが大切なので、入浴時は湯船にはつからず、シャワーのみにしておいてください。
また、飲酒や辛い物を摂取したりするのは血流が良くなってしまうので、患部の内出血量が増えてしまいます。

出血量が増えると筋肉繊維の中に大きな血のしこりができてしまう恐れもあります。怪我をした当日はもちろん、その後もしばらくは控える事を意識してください。

整骨院は肉離れの治療が得意

整骨院は肉離れの治療が得意

肉離れに対して当院で行っている治療はマイクロカレント・微弱電流と呼ばれる治療器を使い、早期回復のお手伝いをさせて頂きます。

効果はさまざまありますが、簡単に言うと「痛みを取り除きながら、患部の回復力をあげてくれる」という効果があります。
人間の体の中に流れている生体内電気というものを読み込み、そこに対して適切な電気を送ることで、痛みを緩和していきます。

一方的に刺激電流を送るものとは違い、この微弱電流治療器はその方にとって最も効果的な微弱電流を流しますので、効果は早期に体感することが出来ます。

肉離れを起こしてから完治するまでは、一般的には約3〜5週間かかると言われています。 痛みがなくなったから治ったというわけでもありません。

当院では、スポーツ復帰後の事も考え、繰り返し再発することを予防しつつ、リハビリやメンテナンス等のアドバイスもしていきます。
一緒にリハビリをしていきましょう。

支障なく早く日常生活を過ごす為に、スポーツ選手は早期復帰の為に、できるだけ早く治療に来てください。
それが早期回復につながります。

ABOUTこの記事をかいた人
藤田明
代表 藤田明
柔道整復師・鍼灸マッサージ師・登録販売者・芋焼酎をこよなく愛する者として大倉山の地域医療に少しでも貢献していきます。