横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

2018 5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

> サイトマップ

スタッフブログ

2018年5月5日(土)

子供の日

こんにちは大倉山整骨院です!

こどもの日の定番料理といえば、ちまきと柏餅。
なんとなく食べていた方も多いと思いますが、それぞれにきちんと意味と由来があるんです。

ちまきの由来と意味

5月5日にちまきをを食べるのは、元々は古事にまつわる中国の風習です。
災いや病気を除ける意味があり、それが日本に伝わったとされています。

さらに、本来ちまきを結んでいた糸は赤・青・黄・白・黒の五色で、それが鯉のぼりの吹き流しの色に反映されてると言われています。
鯉のぼりのルーツにも、ちまきが関係していたんですね!

こどもの日にはぜひちまきを食べて、邪気を払い無病息災を祈りましょう!

柏餅の由来と意味

最近では、笹の葉で巻いた細いお餅のちまきではなく、もち米で作った中華ちまきを食べるご家庭も増えています。

柏餅を包んでいるのは、その名の通り柏(かしわ)という植物の葉です。
柏は新しい芽が出て育つまで、古い葉が落ちる事がありません。

それが「子供が成長するまで親は死なない」というのに結びつき、

  • 子孫繁栄
  • 跡継ぎが絶えない

という縁起を担ぐようになりました。
新芽を「子」に、古い葉を「親」に例えた縁起のいい食べ物なんです。

こどもの日に食べる柏餅、意味を知るとありがたみを感じますね!

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー