横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

2019 1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

> サイトマップ

スタッフブログ

2019年1月12日(土)

コラーゲンの話

みなさんこんにちは!
大倉山駅からエルム通りを歩いて5分ほどにあります大倉山整骨院です(*^-^*)

本日は… コラーゲンの話

1960年、日本皮革(現 ニッピ)の研究員・西原富雄氏がコラーゲンの可溶化に成功し、特許を出願。

可溶化によって食品などへのコラーゲンの利用が容易になった。との事です!

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれており、
主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。
コラーゲンはタンパク質の一種で、私たちの体を構成する重要な成分です。
人間の体は、体重比でみると約60%が水分、約20%がタンパク質、約15%が脂肪、残りが無機質となっています。
体重の約20%あるタンパク質のうち、その約30%をコラーゲンが占めています。

タンパク質の成分
また、コラーゲンはカラダのどこに多く含まれているかというと、約40%が皮膚に、約10~20%が骨・軟骨に存在しています。
その他、コラーゲンは血管や内臓にも存在し、まさにカラダの基盤の役割を果たしているといえます。

コラーゲンは「皮膚」「骨・軟骨」を構成する物質として、なくてはならないタンパク質なので、
「それを食べれば、皮膚や関節によいに違いない」と思うかもしれませんが、残念なことに、現時点での科学的知見では、
コラーゲンを食べても「美肌」「関節」に期待する効果が出るかどうかは不明です。
やはり食事はバランス良く!が1番ですね(^-^)
日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー