横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

2019 3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

> サイトマップ

スタッフブログ

2019年3月14日(木)

サバ缶はすごい!

大倉山駅を右に5分大倉山整骨院です!!

サバ缶がブームになっていますね!

青魚は好き嫌いも多く、えっ!?と思いました。なぜ今、サバ缶なのか・・・

 

EPAやDHAなどの脂肪酸は、光や酸素で酸化しやすいのが弱点ですが、さば缶は獲れたての新鮮なさばを使って真空調理が行われるので、長期保存でもDHA・EPAが酸化しにくいという利点があります。

 

1.カルシウム
さば水煮缶は加圧加熱殺菌により、骨まで軟らかく調理されているので、カルシウムを摂取するのにうってつけの食材です。生さばと比較すると、生さばのカルシウム量は100g中6mg。さば水煮缶だと260mgに跳ね上がります。

 

2.リン
カルシウムとリンはお互いバランスをとりあって骨を形成します。2つの栄養素の理想的なバランスは1:1といわれています。 さばの水煮缶の、カルシウムとリンの比率は1:1~1:3を示します。 まさに理想的といえます。

 

3.ビタミンD
ビタミンDはカルシウムとリンの吸収を促進して骨を作る働きをします。 さばは、ビタミンDを多く含む食材です。 ビタミンDは、水に溶けない性質なので加圧加熱殺菌でもほとんど損失することはないので、これもまたさば水煮缶は理想的なのです。

 

4.塩分控えめ

更にさば水煮缶はそのままでも食べられるようにと、0.2~0.7%ほどの塩分量となっています。家庭で作る魚の煮つけの塩分は通常2%位なので、減塩されている方も安心して食べる事ができます。
日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー