横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
2019 11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

弁護士法人エース

> サイトマップ

スタッフブログ

2019年11月30日(土)

毎朝の朝食は大事なスイッチ

皆さんこんにちは(^^♪
☆大倉山駅からエルム通りを歩いて5分、大倉山整骨院です☆

みなさんは朝食は毎朝とっていますか??

朝食は一日のはじめのスイッチになるので取るのをおすすめします。私たちの脳は“ブドウ糖”をエネルギー源として使っています。朝起きたときに頭が「ボーッ」としてしまう人は寝ている間にブドウ糖が使われて足りなくなってしまってるから・・・。

朝食を食べないと、からだは動いても頭はボンヤリ、ということになりがちなのでブドウ糖を朝食でしっかり補給し、脳とからだをしっかり目覚めさせましょう。ごはんなどの主食には脳のエネルギー源になるブドウ糖が多く含まれているので、朝から勉強や仕事に集中できるのです。

朝食は一日を活動的にいきいきと過ごすための大事なスイッチですのでみなさん少しでもいいので食べる癖をつくましょう!

人間のからだには体内時計と呼ばれるものがあるのを知っていますか? 一日単位で、すいみんや体温、血圧やホルモン分泌などの変化をつかさどっている大切な機能です。人間が健康に過ごすために欠かすことのできない体内時計は、光と関係があり、太陽がのぼっている間は活動的に、しずんだら休息しなさい…と働きかけています。これを「体内リズム」といいます。

「体内リズム」が自分の「生活リズム」とズレてしまうと、からだにとってはとても大きなストレスを感じます。イライラは肌荒れ体調不良など・・・。「体内リズム」と「生活リズム」のズレをなくすには、まず朝食をしっかりとることがとても大切です!

朝食を食べるためには、夕食の時間も大切です!!夕食が遅いと朝ねぼうして時間がない、朝おなかが空いてなくて朝食を食べられないなどの悪いリズムができてしまいます。

みなさん朝食を食べ健康な体を身につけましょう☆

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

技術提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。
ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で多くの症状に対応できます。
東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。
健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。
つなしま元気整骨院
ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。

2019年11月29日(金)

便利な足湯

 

身体全体に寒さを感じていなくても、足首は敏感に感じています。その時に便利なのが足湯です。

足元が冷えてくるこの時期には足湯でホッとしたいものです。

これまでは足を冷えから守るために足湯をしていましたが、デトックス(毒だし)を意識して足湯をしてみましょう。むくみやセルライトが気になるとき、風邪を引きそうなときにおすすめ。習慣化して足を温めるていると、体全体によい効果が生まれす。アロマオイルを数滴たらしてリラックス効果も期待できます。

最近はフットバス用品も多く販売されていますが、家にあるバケツや洗面器で充分です。43℃~45℃のお湯を足首が浸かる程度にはり、お好みでエッセンシャルオイル(アロマオイル)や粗塩や入用剤を入れて完成。

デトックス効果を上げたい時には白湯を飲みましょう。白湯には消化力の向上と解毒の作用があるので、疲れた内臓を白湯の温かさで満たすように、少しずつチビチビとゆっくり飲むと良いです。

お手軽な「おうちで足湯」試してみませんか。

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

技術提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。
ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で多くの症状に対応できます。
東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。
健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。
つなしま元気整骨院
ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。

2019年11月28日(木)

肘内障

皆さんこんにちは
大倉山駅からエルム通りを歩いて5分 大倉山整骨院です!

今日は小さな子どもによく見られる肘内障についてあれこれ書いていこうと思います。
肘内障とは簡単に言うと肘(ヒジ)の脱臼です。
2~4才の子どもに多く見られ、親が手を引っ張って発生しやすいです。
そのため肘引っ張り症候群なんて名前で呼ばれたりもしています

子どもは痛いと黙ることもあり、親は突然子どもが手を使わなくなって気づくそうです。
おや?おかしいな?と思ったらすぐに当院まで連れて来てください!

整復(脱臼をもとの位置に戻す)自体は難しくないので、、しっかり整復すれば元気な姿に元通りです!
当院の先生は肘内障の整復経験がありますのでご安心を!!

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

技術提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。
ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で多くの症状に対応できます。
東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。
健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。
つなしま元気整骨院
ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。

2019年11月27日(水)

突き指

突き指とは指先から縦軸方向に力が加わって起こるさまざまな外傷の総称で、多くのスポーツ種目で発生し、スポーツ外傷のなかで最も頻度が高いもののひとつです。
いわゆる突き指には指の関節の捻挫や脱臼、腱の断裂、打撲だぼく、骨折などが含まれます。
このうち、頻度が高い外傷に槌指つちゆびがあります。
これには、指先にボールなどが当たることによって指先にいちばん近い関節を伸ばす腱が断裂した場合と、この腱のついているところの骨折による場合があります。
いずれも指先が曲がったまま伸ばせなくなり、欧米で使われている木槌の形状に似ていることから槌指といわれています。
脱臼や骨折があると指が異常に曲がった状態になります。
このような変形がなくても、腫脹や内出血が強い場合には骨折や靭帯損傷が疑われます。
槌指では前述したように指先が曲がったままになり、自分の力で伸ばせなくなるほか、疼痛や腫脹も認められます。
指に縦軸方向の力がはたらいて、軸圧、過伸展、過屈曲による何らかの損傷が疑われれば、すべて突き指としてもよいのですが、適切な治療を行うためにはより正確な診断名をつける必要があります。
指の疼痛、変形、腫脹があれば骨折や脱臼の有無を確認します。
また、関節のぐらつきがあれば指に内反・外反ストレスを加えて靭帯損傷の有無を確認します。
保存療法と手術療法とがあり、外傷の種類や重症度によってどちらをとるか決めます。
保存療法は、必要な場合には徒手整復を行ったあと、副子や装具、テープ、包帯などで体の外からの固定を行います。
手術療法で整復や体の内からの固定を行った場合でも、同じように外固定をすることもあります。
いずれの治療法も、指の動きが悪くならないように治療を早期に行うことが重要になります。
前述したように、突き指にはさまざまな病態が含まれます。
したがって受傷直後に指を引っ張るという行為は状態を悪化させてしまう可能性があるので決してしないでください。
また、放置しておくと、指の動きが悪くなったり、変形やぐらつきが残ることがあるので、早めに大倉山整骨院を受診することをおすすめします。

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

技術提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。
ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で多くの症状に対応できます。
東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。
健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。
つなしま元気整骨院
ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。

2019年11月26日(火)

爪は健康のバロメーター

最近、自分の爪をよく見たことがありますか?

爪は健康のバロメーターと言われ体調を反映します。

①縦に線が入っていると

原因は老化と乾燥です。肌と同じように爪も乾燥に弱く、乾燥することで老化を早めます。対策としては老化を早めないようにこまめハンドクリームやネイルオイルを塗って乾燥対策を徹底します。

特にネイルオイルは潤い力が高いのでお勧めです。

②横線とでこぼこ爪

爪の根元にダメージを与えたか、または栄養不足が原因で爪が正常に作られなかった場合に起こります。一度できた爪に横線が入るのではなく、最初から横線の入った爪が生えてきています。
どこかに爪をぶつけたという外的要因以外では栄養不足、不規則な生活が原因です。

甘皮の処理には特に注意しましょう。甘皮は本来は爪を保護するためにあるものなので、はみ出た余分なものだけをとるようにしましょう。

大事なことはバランスの良い食事を摂ることです。タンパク質と亜鉛を摂ることを意識してください。

・タンパク質の多い食材

肉・魚(するめ、煮干しなどが多い)、卵、乳製品、大豆

・亜鉛の多い食材

牡蠣・のり・しじみ・肉・納豆

③湾曲でこぼこ爪

爪が薄くなり、爪の先端が湾曲している症状は「卵殻爪(らんかくそう)」と呼びます。これは栄養障害や内臓疾患など、身体の内部の異常が原因です。まれに薬が原因で起こる場合もあります。

同じものしか食べない、絶食する、極端に食料を減らすなど、無理なダイエットはやめましょう。体重が減っても身体に及ぼす影響は重大です。栄養バランスのとれた食生活を心掛けましょう。

ダイエットの心当たりが無い方は、自己治療は難しいので、皮膚科または病院で診てもらいましょう。爪が非常に割れやすい状況なので放っておくのは危険ですし、何か異常があるという身体からのSOSサインの可能性が高いです。

季節の変わり目にはあれこれと不調なところが出てきやすくなります。たまには爪もよく見てみましょう。

技術提携院のご紹介

技術提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。
ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で多くの症状に対応できます。
東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。
健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。
つなしま元気整骨院
ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。