横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

2019 6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

> サイトマップ

スタッフブログ

2019年6月29日(土)

疲れを癒す飲み物は

時間や生活に追われると、ストレスや疲労をためてしまいがち。プレッシャーがかかっていたり睡眠時間が減ったりすると、疲れてしまいますよね。

いったいどんな飲み物が疲れを解消してくれるのでしょうか?

疲れをとりたいときに飲む物って?
疲れをとりたいときに飲む物として挙げられるのが「コーヒー」「栄養ドリンク」「ビール」です。みなさんも、常日頃から摂取している人もいるでしょう。気休めに飲んではいるものの、本当にこれらの飲み物には疲れをとる効果はあるのでしょうか?

・コーヒー飲料
勉強や仕事中でも気軽に飲むことのできるコーヒー飲料。ほっと一息つきたいときに飲む人も多いはず。コーヒーに含まれるカフェインには諸説あり「疲労の原因になる」「疲労の回復剤になる」という二つに分かれます。
カフェインを摂取すると体内で興奮と覚醒を促すホルモンが分泌され、このホルモンが刺激をしすぎることでエネルギーを消耗し、余計に疲れてしまうそうです。

一方で、この刺激はやる気を起こさせる「ドーパミン」であるため、行動量が増えて元気になると唱える人もいます。さらに、カフェインにはセロトニンを減少させてしまう物質が含まれています。
また、眠気防止にも効果的なカフェインは、疲労回復の一番重要な睡眠を邪魔してしまいます。カフェインの効果が消えるのには8~12時間かかり、完全に消えるのには数日間かかるとまで言われています。

・栄養ドリンク
通常のドリンクよりも小さいサイズで高価なのが栄養ドリンク。「飲んだら元気になる」と疲れた日に摂取している人もいるでしょう。そんな栄養ドリンクですが、効果は「飲んだら疲労が回復する」という思い込みによる心理的な効果が大きいと言われています。
ビタミン補給や代謝を助けるといった明確な目的のある栄養ドリンクは、飲み続けていくことで疲れにくい身体を作りますが、そうでない場合は気休めにしかなりません。栄養ドリンクの効能をよく確認し、自分の求める症状に合ったものを飲むのが効果的です。

・ビール
意外にも疲れを癒すのに効果的なのがビールです。人は疲れると身体に「乳酸」や「水素イオン」が溜まってしまいます。通常の運動量であれば炭酸ガスを作り出し、溜まった水素イオンを外に出しますが、運動量が増えると炭酸ガスの生産が追い付かなります。そのため、体内に水素イオンが溜まって身体が疲れやすくなってしまうのです。
炭酸飲料は、この不足した炭酸ガスを補充して水素イオンを外に追い出すのを手伝ってくれるのです。ビールはこの炭酸ガスが含まれているうえに、アルコールによって血の流れがよくなり、炭酸ガスが全身によく回って疲労を解消してくれます。「仕事のあとのビールが美味しい!」というのには、こんな理由があるようですね。
とはいえアルコールの疲労回復効果は、「飲んですぐ元気になりたい」という人向けの短期的なもの。慢性的な疲労を解消したいのであれば、栄養ドリンクを飲むほうがいいでしょう。

自分にあった方法で、その時の疲れを癒したいですね。でも糖分やカフェインの摂りすぎは疲労感につながることもあります。用法や用量は守るようにしましょう!

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

技術提携院
広尾駅前整骨院 広尾はりマッサージ
妙蓮寺整骨院
太尾町整骨院
菊名整骨院 菊名鍼灸院
浜銀通り整骨院 浜銀通り鍼灸院
六本木ミッドタウン前整骨院 六本木ミッドタウン前鍼灸院
つなしま はりマッサージ
フジタ整骨院
みなみ整骨院

2019年6月28日(金)

膝の痛みについて

皆さんこんにちは(^^♪
☆大倉山駅からエルム通りを歩いて5分、大倉山整骨院です☆

長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりします。

原因は何か

原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性膝関節症と、何らかの原因で生じる二次性の変形性膝関節症があります。
二次性の原因には骨折、脱臼、十字靱帯損傷や半月板損傷などの外傷、痛風や化膿性関節炎などの炎症、関節の変形などによって生じるものがあります。
女性や肥満の人に比較的多い病気で、年齢とともに多くなります。

症状の現れ方

初期には膝のこわばり感や、歩き始め、階段の昇降、長時間の歩行、立ち仕事のあとなどに痛みが起こります。
初期でも炎症が強い時期には関節内に関節液がたまり、関節がはれて膝を曲げたときに強い痛みを伴うことがあります。
変形が進行するにつれて動きが制限され、正座や膝を完全に伸ばすことができなくなり、痛みや歩行障害も加わって徐々に日常生活が制限されてきます。
また、O脚やX脚といった変形が進行することがあります。
膝の半月板損傷を生じたり、関節内遊離体(関節ねずみ)や膝の後ろにベーカー嚢腫を合併したりすることがあります。

検査と診断

診断は歩行状態、膝の変形、はれや痛みの部位、動きなどの診察とX線検査で行います。
X線検査では、関節軟骨のすり減りや骨の増殖の程度、O脚やX脚といった変形の有無を確認します。
関節リウマチやほかの膠原病との鑑別のために血液検査を行う場合もあります。
膝がはれて関節液がたまっている場合には、注射器で関節液を抜いて関節液の検査を行う場合があります。
半月板損傷、関節内遊離体、ベーカー嚢腫などが疑われる場合にはCTやMRIによる検査を行います。

治療の方法

(1)保存的治療
まずは、痛みに対して安静、足底装具、膝サポーター、湿布、塗り薬、痛み止めの内服薬などを用いた保存的治療を行います。
大腿四頭筋をはじめ膝周囲の筋力トレーニングは関節の安定性をよくし、関節のはれを改善するのに有効です。

(2)関節注射
膝の関節に関節液がたまって痛みの原因になっている場合には、関節液を注射器で除去します。
なお、一度関節液を取り除いても炎症が続いている間は、関節内の滑膜という組織から関節液が過剰に作られるので、再度関節液がたまってきます。
痛みがある場合はヒアルロン酸の注射が有効な場合があります。
または、炎症と痛みを和らげるため局所麻酔薬とステロイド薬の注射を行う場合もあります。
ただし、頻回のステロイド薬の注射は細菌感染や関節破壊を生じる危険性があります。

(3)手術
変形が比較的軽い場合には、炎症を生じた関節内の滑膜かつまく切除や、半月板損傷、関節内遊離体、ベーカー嚢腫に対する手術を行うことで一定の効果が期待でき、関節鏡を用いる手術も増えています。
比較的若い患者さんでは、関節形成術(骨切り手術)により関節のバランスと機能を改善することも可能です。
重度の変形があり日常生活に支障がある場合には、人工膝関節手術が行われます。
満足度の高い手術ですが、人工関節の感染や、とくに活動性が高く若い患者さんでは人工関節のゆるみや破損が問題になる場合があります。
病気に気づいたらどうする
長引く膝の痛みやはれ、O脚やX脚変形、正座ができないなどの症状があれば変形性関節症の可能性もあるため、

大倉山整骨院の受診をすすめます。

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

技術提携院
広尾駅前整骨院 広尾はりマッサージ
妙蓮寺整骨院
太尾町整骨院
菊名整骨院 菊名鍼灸院
浜銀通り整骨院 浜銀通り鍼灸院
六本木ミッドタウン前整骨院 六本木ミッドタウン前鍼灸院
つなしま はりマッサージ
フジタ整骨院
みなみ整骨院

2019年6月27日(木)

子供の脱水症

 

熱中症に気をつけましょう。

元気に見える子供達にもその恐怖が潜んでいます。

子どもが脱水症になりやすい5つの理由

子どもは脱水症になりやすいのですが、その理由は大きく5つあります。

①体液量、とくに細胞外液が多い
新生児期から小児期は体重に占める体液の割合が70~80%に達します。体液は細胞内液と細胞外液にわけられますが、小児は細胞外液が多いという特徴があります。通常、体液の喪失は細胞外液から始まるため、小児は脱水症になりやすいのです。
②体重あたりの不感蒸泄が多い
発汗以外に呼気や皮膚などから知らないうちに失われる水分を不感蒸泄と呼びます。不感蒸泄は、大人では体重1kgあたり15ml程度ですが、新生児や乳児では体重1kgあたり15~25ml程度にもなります。失われる水分が多いので、それに見合う水分を補わないと脱水症にかかりやすくなります。
③腎臓の機能の発達が十分ではない
子どもの腎臓の機能はまだ十分に発達していません。体液の喪失を防ぐためには、腎臓で水分や電解質を再吸収する必要がありますが、腎機能が未発達だと水分や電解質が失われて脱水症に陥りやすくなります。
④自分の意志で水分補給できない
新生児や乳児は、喉が渇いても自らの意志で水分や電解質の補給を行うことが難しく、脱水症に対する予備能力も低いため、保護者が気づくのが遅れると容易に脱水症になります。
⑤水分の出入り比率が大きい
小児は成人と比べて水分の出入りが大きいのが特徴。成人では1日に細胞外液の7分の1程度が入れ替わりますが、小児ではおよそ2分の1にも達します。そのため、食事量が減ったり、下痢や嘔吐を起こしたりすると脱水症になりやすいのです。

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

技術提携院
広尾駅前整骨院 広尾はりマッサージ
妙蓮寺整骨院
太尾町整骨院
菊名整骨院 菊名鍼灸院
浜銀通り整骨院 浜銀通り鍼灸院
六本木ミッドタウン前整骨院 六本木ミッドタウン前鍼灸院
つなしま はりマッサージ
フジタ整骨院
みなみ整骨院

2019年6月26日(水)

ウォーキング

こんにちは大倉山整骨院です!

有酸素運動の一つであるウォーキングにはどのような魅力があるのでしょうか。まずは、ウォーキングの効果について紹介していきましょう。

1.筋力の低下を防ぐ

ウォーキングは、体力の消費や負担が少ないなかで、筋力をつけることができます。特に、大きな筋肉の集まる下半身を動かすので、足腰の弱まりを気にするシニアにぴったりです。
また、ランニングほど多くの体力を必要としません。衰えを感じ始めても続けやすく、気軽にできる運動の一つです。

加齢とともに筋肉量が低下していきますが、顕著にあらわれるのは下肢、つまり骨盤から足首までの部分になります。体全体の筋肉は、50代近くまで維持できます。しかし、足の筋肉は、20代後半から急激に落ちていくと言われています。

また、第二の心臓と呼ばれているふくらはぎも、足の筋肉の衰えと共に筋肉量が低下して、血液を心臓に送るポンプ機能が低下します。その結果、血流が悪くなってしまうのです。

基礎代謝を落とさないためにも、足の筋力を維持することは大切です。ウォーキングは、筋力の低下を防ぐにはぴったりの運動です。

2. 内臓機能や代謝機能の向上

ウォーキングを継続的に行うことで、内臓機能や代謝機能の向上が期待できます。

ウォーキングによって、全身に血液を運ぶ心臓の筋肉が発達していきます。それに伴い、肺活量が増え、肺機能の向上が見られます。この心肺機能の向上は、体内の内臓に大きな影響を与えるため、様々な機能低下の防止に役立ちます。

例えば血行を改善すると、胃腸などの内臓機能の向上や、肝機能の低下防止に良い影響を及ぼします。さらに、高血圧や糖尿病、狭心症、動脈硬化への予防・改善の効果も期待できます。

3. 脳の活性化を助ける

ウォーキングで、脳の活性化を助けることができます。これは、血液循環の機能を良くすることで脳細胞へ十分な酸素が送られるようになるからです。

ウォーキングを行うと、下半身にたまりやすかった血液が心臓へ活発に送られるようになります。血液循環がよくなると、全身に血液を行き渡らせることになり、その血液が脳細胞へ到達します。

脳細胞の血液の流れが良くなると、脳細胞に十分な酸素が送られます。脳を刺激し、活性化を助けるのです。

脳が活性化してくると、老化を防ぐのはもちろん、ストレスの解消にも役立ち、自律神経もリラックスした状態が維持できます。
ウォーキングを継続的に行うことで、バランスの良い生活を送れるようになるのです。

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー
技術提携院
広尾駅前整骨院 広尾はりマッサージ
妙蓮寺整骨院
太尾町整骨院
菊名整骨院 菊名鍼灸院
浜銀通り整骨院 浜銀通り鍼灸院
六本木ミッドタウン前整骨院 六本木ミッドタウン前鍼灸院
つなしま はりマッサージ
フジタ整骨院
みなみ整骨院

2019年6月25日(火)

雨の日に自転車

雨の日に、自転車使用経験者の8%が転倒でケガをしています。その比率は歩行時の転倒の2倍。また、原動機付き自転車での転倒等でのケガの比較は、歩行時の3倍です。

例① 車道を走行中、車道と歩道の間の鉄製レールで滑って転倒。肩を脱臼した。

例② 坂道を傘を差して走行中、ハンドルをきりそこなって民家の塀に激突した。

上記のような事がおきてからでは遅いです!

☆自転車の傘差し運転はやめましょう!

☆たたんだ傘を持ち歩くときにも周囲に気をつけて!

☆マンホール、道路の白線、タイルの床や歩道等に注意!雨で濡れると滑りやすくなる場所があります。滑って転ぶと、打撲・骨折等、思わぬ大ケガに結びつく場合があります。

骨折・脱臼・打撲・捻挫等、もしものケガは大倉山整骨院にお任せ下さい!

 

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー
技術提携院
広尾駅前整骨院 広尾はりマッサージ
妙蓮寺整骨院
太尾町整骨院
菊名整骨院 菊名鍼灸院
浜銀通り整骨院 浜銀通り鍼灸院
六本木ミッドタウン前整骨院 六本木ミッドタウン前鍼灸院
つなしま はりマッサージ
フジタ整骨院
みなみ整骨院