横浜市港北区大倉山の整骨院

診療時間
平日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
2020 1月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
大倉山整骨院 求人募集
大倉山整骨院では患者さんのよきパートナー(柔整師)であり続けたい柔整師を大募集しています。

電話:045-546-3444

弁護士法人エース

> サイトマップ

スタッフブログ

2020年1月8日(水)

冬こそ水分補給

冬は夏ほど汗をかくこともないので、喉が渇きにくく、
意識していないと、うっかり水分不足になってしまいます。
空気が乾燥してくると、体表の水分が発散しやすくなって、皮膚もサラッとしてきます。
さわやかで良いのですが、水分が体からどんどん発散していくので、
うまく水分を補給しないと水分不足による影響がでてきます。
(むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃があれる、皮膚のかゆみなど)
また、体の水分量が減ってくると、血液が濃くなり、血流 ・ 血行が悪くなります。
この時期血圧が高くなったり、脳梗塞などが増えるのは、冷えと相まって、水分不足の影響があるのです。
人間というのは空腹には敏感なのですが、乾きにはわりと無頓着です。
かなり乾いてこないと、水分が足らないという実感が出てきません。
また、暑いと水を飲みますが、寒くなると、からだの水分が足りなくなっても、
意外と水を飲みたいという気が起こらないようです。
どうして水分が必要なの?
人の体の約60~70%は水分だと言われている。この水分は、体内への栄養分の運搬、老廃物の排泄、体温調節など、
そのさまざまなはたらきのために必要なだけでなく、血液や細胞間にも存在しています。
水分をしっかり摂らないと風邪をひきやすくなったり、シワの原因にもなります。
お酒やコーヒーでは水分補給にならない?
お酒やコーヒーをたくさん飲んでも、最後のほうは喉が渇いてきますよね。
これは利尿作用といって、お酒やコーヒーを摂取した分だけ尿量も増えるので、
結局水分は出ていってしまい、水分補給にならないのです。
これは、甘い清涼飲料水などでも同じです
■あなたの一日に必要な水分量
一日2リットル飲むといいとよく言われていますが、本当でしょうか?必要量を計算するときには「体重(kg)×30ml」を目安にしています。
50kgの人だったら一日1,500ml(1.5L)になりますね。
冬こそ水分補給、みなさんも意識してみていただければと思います!

 

☆提携院☆

技術提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。
ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で多くの症状に対応できます。
東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。
健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。
つなしま元気整骨院
ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。